合格レポート:仙台白百合女子大学・宮城学院女子大学 Tさん

高校2年生の3月、Tさんの模試判定はCランクでした。受験科目は、英語・国語・社会(Nさんは日本史を選択)の予定。暗記が本当に苦手で「日本史」が一番の不安要素。英単語や熟語の暗記だけでも精一杯なのに、この調子で大丈夫だろうか、というのがこの段階での問題点でした。  
暗記が苦手、と言っても様々な理由があります。まずは根本的な原因を確認してから対策を立てていかないと、結果につながりにくいもの。まして「とにかくひたすら書きなさい」「覚えられないのは、やる気が足りないから!」と精神論だけで片付けられるほど甘くはありません。まず最初に、今までの学習方法の問題点を確認していくところから始めていきます。(つづきを読む

学習相談の時に良く受ける相談のひとつが「暗記が苦手。覚えるのに時間がかかってしまうので、焦ってばかりで先に進まない」というもの。確かに大学入試の出題範囲は膨大ですから、戸惑ってしまうこともよくわかります。しかし、そこで立ち止まっていては成長はありません。「私には、どのような方法が合っているのだろう?」「どうすれば、もっと暗記が得意になるだろう?」と具体的な対策を考えて進めていく必要があります。

ホームページでは日本史の対策を行うことで、 仙台白百合女子大学と宮城学院女子大学に合格したTさんの受験対策レポートを公開中。今すぐ読んでみよう。

仙台白百合女子大学・宮城学院女子大学 合格レポート






大学入試の専門家 仙台EG式プロ家庭教師コース