夏(7月)からの受験対策について。

夏の過ごし方(大学入試対策)

仙台の高校生へ 佐藤先生のアドバイスを掲載しました。


夏は第一志望合格を目指す受験生にとって「重要な時間」です。間違った学習方法で後悔することなく、充実した夏休みにするために「今の時期に準備しておきたいこと」を中心にEG式プロ家庭教師代表の佐藤先生からのアドバイスを掲載しました。

「春から一生懸命にがんばってきたのに、偏差値が上がらない」「具体的に、どのように勉強を進めていけば良いのか迷っている」などと感じている高校生は、ぜひ読んでみてください(無料で閲覧できます)


「夏を制する者は、受験を制する」あなたも色々なところで、この言葉を目にしたことがあるでしょう。そして実際に、今あなたが想像しているよりも、この夏の一ヶ月間は「第一志望大学」合格を目指す高校生にとって重要な意味を持っています。(中略)
例えば飛行機が空に飛び立つ時、地面から突然空中には上がりません。エンジンを温め滑走路を助走し、横方向と上昇の均衡が崩れた瞬間「ふわり」と空へ飛び立っていくのです。準備を整え、助走していく時間が必要なのです。 (中略)
大丈夫。なにごとも「最初の一歩」がもっとも多くのエネルギーを必要とします。始めてみれば、今のあなたが想像しているよりもスムーズに加速していきます。まずは挑戦を始めることです。 (以上 受験生の夏が意味するもの より一部抜粋)

続きはこちらから(全文無料掲載中)→  受験生の夏が意味するもの



卒業生からのメッセージ「整理整頓の大切さが、安心感につながる」

「私は課題が重なったり、時間が足りなくなってくるとあわててしまい集中できなくなってしまいます。集中できないので課題が持ち越しになり、また混乱してしまう繰り返しでした。受験勉強もそうですが、それ以前に高校の定期テスト対策も集中できなくなっていたので一人では不安になっていました。そこで、知り合いに佐藤先生を紹介していただき相談することにしたのがきっかけでした。(中略)

私は自分の考えを相談するのが苦手です。最初は先生に相談するのも緊張していたのですが「情報の整理整頓」と「課題の優先順位」「学習計画の立て方」などを教えていただき、進み具合を見ていただくうちに時間はかかりましたが落ち着いて計画を実行できるようになってきました。(中略)

入試直前の一ヶ月は、課題に取り組むことに集中できたので、気がつくと入試が終わっていたという感覚でした。合格がわかった時も「本当に合格できたの?」と実感がありませんでした。大学では先生がお話しして下さった小説を読んでみたり、新しい課題を見つけて楽しみながら挑戦します。佐藤先生2年間ありがとうございました。(EG式プロ家庭教師 卒業生 Nさんより一部抜粋)※個人情報保護の視点から、生徒名等をイニシャル表記にしています。



EG式プロ家庭教師の「くわしい資料」はこちらから



大学入試の家庭教師にEG式が選ばれる「5つの理由」



参考:
仙台で16年の合格実績 大学入試の専門家 EG式プロ家庭教師

夏の学習計画の参考に「大学合格レポート」公開中

受験生応援コラム

大学入試対策(高校生向け)夏休みの「テキスト選び」のアドバイス。

受験生へ7月のアドバイス「それは、成長するために必要な学習体験」