大学入試対策は「予備校?学習塾?家庭教師?」の質問に答えます。(受験生応援コラム・特別編1)

質問:「学習塾にしようか、家庭教師にしようか迷っています」


それでは「問い合わせ」の際に時々受ける「今通っている学習塾や予備校を止めて、家庭教師にするか迷っている」という質問についてお答えしてみたいと思います。

私(佐藤)は、集団形式の授業と家庭教師、両方で指導経験があります。どちらにもメリットとデメリット、向いている生徒と向いていない生徒がいるのが実際のところです。その辺の部分を、私の経験をふまえた解説を加えながら、お話ししてみようと思います。


予備校や学習塾(集団指導)のメリット


まず学習塾のような、集団形式の授業ですけれども、これは多くの生徒と一緒に授業を受けるわけですから、一体感を共有できるメリットがあります。そこの教室にいる生徒全員が、大学合格という同じ目標を持ち、同じような方向を目指して勉強しているわけです。そのように、ライバルでもあり同じ塾の仲間でもある人達が、すぐそばで一緒に勉強している、競い合っている、と言う雰囲気の中で課題に取り組めるのが集団形式のメリットのひとつである、と私は考えます。

教壇に立って授業をしていると、しっかりと理解しなければ、と生徒が集中してこちらを見ている視線を、ひしひしと感じるのですね。さらに入試が近づくにつれて独特の緊張感を持った、ピンとした雰囲気が教室の中に高まっていきます。その空間に自分を置くことでモチベーションを上げていくことができる、といいますか周囲に引っ張られるようにして、自然とモチベーションが上がっていく、というメリットがあると思います。


さらに、自分一人だと「この問題はできなくても仕方ないかな」とあきらめそうになったとしても、周囲の生徒が諦めずに課題に挑戦している姿を目にすることで「このくらいの問題は、解けなければいけないのだ」と、自分に厳しくすることもできます。

休み時間に、友達同士で「このくらいの問題は、できないとだめだね」などと、牽制したり競争したりしながら、互いに高めあっている様子を見ているのも、なかなか良いものでした。


予備校や学習塾(集団指導)のデメリット


では集団形式の授業のデメリットを挙げるとしたら、どのような部分でしょう?  予備校や学習塾のような集団形式の授業の場合は、そのクラスの授業についていけるということが大前提になります。せっかく授業を受けても自分の志望校やレベルに合っていないと、時間が無駄になってしまいます。塾に通っているということで、なんとなく勉強しているような気分になってしまうという点にも注意が必要です。

以前、私が講師を勤めていた集団形式の進学塾では、先生が生徒に指名をして答えを確認していくタイプの授業形式だったので「当てられると、緊張してしまう」という生徒もいました。あまり人前で話したりするのが得意では無い生徒の場合は、余計な緊張感を持ってしまう場合もあるでしょう。教室の雰囲気や指導スタイルが自分に合っているかどうかも、集中できるポイントになりますから実際に授業の様子を体験するなどして、調べていく必要があります。


家庭教師のメリット・デメリット


では家庭教師のほうはどうか? メリットとしましては完全マンツーマンで指導を受けられますので「自分に必要な部分」つまり「志望校に合わせたカリキュラムを個別に組んで、学習を進めていくことができる」という点があるでしょう。理解したかどうかを確認しながら授業を進めていくので、曖昧な部分を残さずに学習を積み重ねていくことができます。

学習塾では全体で決められた学習カリキュラムで授業が進んでいきますから、自分に必要な部分も必要ではない部分でも、同じように授業を受けていかなければいけません。家庭教師ですと、必要に応じて授業の速度や順番を入れ替えることができます。志望する大学の出題傾向に合わせて、理解度を深めていく授業も可能です。目標、つまり志望校が明確であればあるほど、家庭教師の授業でのメリットは大きくなると、私は考えています。


しかしながら、集団授業のように「自分と同じ大学を目指している人たち」の雰囲気を感じながら学習を進めていくことができませんので、志望校のレベルに合った予備校の模試を受けてみるなどして、その雰囲気の中に身を置いてみる工夫などが必要になります。一人で淡々と勉強するのが苦手で、自習室などの方が集中できるタイプの生徒は図書館のように外で学習できる場所を探す必要もでてくるでしょう。

また、先生と距離が近くなりすぎないように、信頼関係を持ちながらも厳しく接してくれる先生を探すことも大切です。受験勉強は一年、二年、と長丁場での戦いになります。短期間ならば楽しくて面白い先生でもいいかもしれませんが、信頼関係を育てつつ長期的に指導を受けられる先生を探していくとなると、必然的に人数が少なくなりますから探す時間が必要になる場合もあるでしょう。


学習塾?家庭教師? まとめ


さて、ひとまず指導者の視点から、学習塾と家庭教師のそれぞれのメリットについて、簡単にお話しさせていただきましたけれども、どちらが良くて、どちらが良くない、というものではありません。それぞれに特徴があり、提供されているものが異なっていますから、今の自分には何が必要なのかを考えて選択していく必要があるということです。

私個人としては、集団授業には勢いをつけて向上していく面白さがあり、家庭教師には個人と個人が向き合い目の前で成長を見守っていける指導者としての醍醐味があると感じています。どちらにも良い点があり、そこでしか得られないものがあります。今回、ここでお話した内容をひとつの視点として、志望校の合格実績や口コミなども参考にしつつ自分に合った学習環境を探していく参考にしていただけたらと思います。



16年の合格実績 仙台EG式プロ家庭教師コース


※以上「佐藤先生の音声セミナー『これから受験生になる皆さんへ』より一部抜粋。文字起こし&文責 EG式プロ家庭教師編集部 本文の無断転載を禁止します。copyrights EG式プロ家庭教師 2018 allrights reserved.」