夏から対策を始めて東北学院大学へ合格「Tさんの合格体験記」

「模試の結果が思うように伸びなくて・・・」 「まだ間に合いますか?」 毎年この時期になると、私たちのところにはこのような相談が届きます。予備校の夏期講習会に通ってモチベーションは上がったけれど、その後が続かなかった。結果が出なかった。今まで通っていた学習塾の三者面談で志望校を下げた方がいいと言われてしまったけれど、諦めきれずに迷っている。この文章を読んでいるあなたも、同じようなことを考えているかもしれません。

しかし、夏休み前の今の時期ならば、学習方法の軌道修正をして逆転していく可能性は十分にあります。今まで自分なりに努力をしてきたのに結果に表れていないのであれば、勉強の内容や指導方法を見直すことで成績が上がっていくことは、決して珍しくないからです。


夏から対策を始めて東北学院大学へ合格「Tさんの合格体験記」を紹介。


昨年の7月に、私たちのところに入会したTさんは2年間通っていた個別指導塾の先生に「今の成績では東北学院大学は厳しい。ランクを下げるか他の大学を検討した方がいい」と学習相談で指導されたことがきっかけで志望校を変更するかどうか悩んでいました。それでも、将来やってみたい仕事に進むために地元の東北学院大学へ進学する必要があったTさんには「どうしても挑戦したい」気持ちを抑えることができなかったそうです。

今までの学習方法を変えて、再挑戦するということは強い意志が必要です。まして7月からの変更ですからなおさらです。それでも、学習相談を担当した佐藤先生はTさんの成績を分析したあと「まだ挑戦をあきらめるのは早いですよ。願書を出す直前ギリギリまでチャンスは残っていますからね」とアドバイスしたそうです。Tさんの強い気持ち、真面目な性格。そして、学習塾では対応がなされていなかった部分を補強していけば、まだまだ成績が上がっていく余地が残っていると判断したからです。 



課題は山積み。しかし、ひとつひとつ登るしかない。

通っていた個別指導塾を辞め、夏からEG式に入会したTさんは新しい課題と学習計画で対策を始めました。遅れを取り戻すため通常よりも課題が多くなってしまうため、一日でも休むことができないというプレッシャーの中、Tさんは諦めずに黙々と学習を進めていきました。9〜10月の2ヶ月の成績は横ばいでしたが11〜12月から少しずつですが確実に模試の成績が向上。1月には「あと少しでボーダーライン」が見えてくるまでに成績を伸ばすことができたのです(そして、第一志望には合格! おめでとう!!)

 Tさんは「課題が多いから減らしてほしい」「調子が悪くて進みませんでした」というような言い訳などは一切口にしませんでした。ただひたすら問題に挑戦していく。後悔しないように、与えられた課題をこなせる強い意志の持ち主でした。そのモチベーションを迷いなく課題に費やせたことで、判定を覆す合格を手にできたのです。



10代の受験生の夏には、大きな可能性が眠っている。

10代の高校生にとって、一ヶ月の夏休みは「大きな可能性」を伸ばせる貴重な時間です。そして、その一ヶ月をどのように過ごすかで秋以降の成績の伸びが大きく変わります。

今より早い時期はありません。迷って時間を無駄にする前に、今すぐ始めることです。目標を確認し、今の自分の学力と課題を把握し、自分に厳しく乗り越えていくのです。問題集を一冊、二冊、と終わらせていくことで、小さくても確実に自信が育っていきます。次はあなたの番です!




※EG式の公式ホームページでは、合格した先輩達の合格体験レポートを公開中。実際に厳しい入試を乗り越えてきた先輩達の口コミレポートは読むだけでたくさんのヒントが見つかりますよ。くわしくは今すぐホームページへ。

仙台で16年の合格実績 EG式プロ家庭教師コース








※参考
東北学院大学受験対策コース (EG式プロ家庭教師コース)
東北学院大学 入試案内 (東北学院大学 公式サイト)