苦手科目は、基礎に始まり、基礎に終わる。(受験勉強の始め方)

苦手科目は、基礎に始まり、基礎に終わる。

私たちの学習相談を申し込んできたUさんから「自分なりに問題集も解いて時間をかけて頑張っているのですが、英語の成績が上がりません」と相談を受けました。

Uさんは部活(テニス部)に所属していたので、平日の学習時間は限られていたのですが、それでも、毎日の勉強時間を一定時間確保し学習を続けているようでした。一定量の学習時間を積み重ね、それを数ヶ月継続しても結果が感じられない場合は、どこか勉強方法に間違いがある可能性があります。

標準レベルの問題集に挑戦し、伸び悩んでしまったUさん

私たちはUさんが使っている参考書と問題集を見せてもらい、その原因を見つけました。Uさんは英語の偏差値が40台だったのですが、自分で選んだ問題集は「標準〜応用レベル」を想定した問題集だったのです。 なぜこの問題集を選んだのか確認すると、

「インターネットで調べて、評判が良かった問題集を選んで買いました」
「応用レベルの(問題集)を勉強すれば、成績が上がると思いました」

とのこと。 実際のところ、このような間違いをしている生徒が少なくありません。その問題集をおすすめしているのは「どのくらいの学力で、どの大学を目指す受験生におすすめ」なのか確認することが大切です。

そして、実際に書店に行って内容を確認してみること。問題集や参考書は、数ヶ月、または数年以上もの間、一緒に勉強するパートナーのようなものです。評判だけで決めずに、全体のレベルや解説の詳しさ、そして「全体的に理解しやすいか」の印象などを加えながら、じっくりと選んでみましょう。

苦手科目は「基礎」で始まり「基礎」で終わる

そしてなによりも、苦手科目の克服は、基礎が全てです。基礎に始まり、基礎に終わるのです。そして基礎を身に付けるには、一定の時間の学習量が必要になります。決してすぐに身に付くものではありませんから、数ヶ月単位での計画を立て、丁寧に時間をかけてじっくりと取り込んでいくのです。

例えば「英語が苦手」という生徒は、中高合計で4〜5年間の時間をかけて英語を勉強してきたわけです。それだけの時間をかけて身についてしまった「苦手意識」を克服するには、数ヶ月かけて基礎から積み上げていく必要があります。少しずつ軌道修正をしながら、土台からじわりじわりと押し上げていく努力の時間が必要不可欠なのです。

「受験勉強は、遠回りに見える道が、いちばんの近道」

入試の過去問などを見て「難しい問題に挑戦しなければならない」と焦ってしまう気持ちはよく分かります。しかし、焦って実践形式の問題ばかり解いて、中途半端な理解で終わらせてしまっては、それに費やした数ヶ月間が無駄になってしまいます。「受験勉強は、遠回りに見える道が、いちばんの近道」であるもの。苦手科目の克服にいたっては、なおさらです。

あるアスリートによると「トップレベルの選手ほど、基礎の確認を大切にする」そうです。受験勉強も同じです。「 成績伸びていく生徒ほど、基礎の確認と育てていく時間を大切にしている」ものです。

焦ってはいけません。じっくりと腰を据え「基礎を身に付けるには時間かかるんだ」と自分に確認しながら、知識と情報を増やしていきましょう。すべてはそこが出発点であり、また到達点でもあるのです。

大学受験専門 仙台EG式プロ家庭教師 国立・私大文系入試から、AO入試・小論文対策まで EG式とは?:国立・私大文系受験を目指す仙台の高校生を、指導経験豊富なプロ家庭教師が指導。志望校に合わせた学習カリキュラムとプロのカウンセリングで偏差値アップを応援。詳しい資料はホームページから(対象:宮城県仙台市の高校1〜3年生)


関連:



[7月の生徒受付について]
 生徒募集について



[仙台EG式プロ家庭教師の資料請求(無料)]

[合格した先輩たちの受験レポート]

EG式家庭教師 コース一覧
 EG式プロ家庭教師(設置コース一覧)