六月の受験アドバイス「スケジュール管理の方法を、身につけておこう」

三者面談、模擬テスト、オープンキャンパス、入試説明会……、六月になると大学入試に関係する予定が重なってきます。いよいよ本格的に大学入試へ向かっていく気配を身近に感じ、緊張感が高まってくる時期でもあります。

これからの時期、受験生の皆さんには「整理をしていく」ことが大切になってきます。受験勉強には、予想外の事態や、細かな変更がどうしてもつきものです。目の前の課題や予定をこなすことで精一杯になってしまうと、変更に対応しきれなくなって慌ててしまうもの。

慌ててしまうと論理的思考力が低下してしまいますから、正しい判断がつきにくくなりバランスを崩しやすくなります。

せっかく順調に進んでいた学習計画を、そんな風にして乱してしまってはもったいないですから、定期的に整理整頓することで余裕を持たせておく必要があるわけです。

まずは今月のカレンダーを用意し、一ヵ月分の予定を書き込み目で確認しておきましょう。同時に入試までの予定表や手帳を用意して、こちらも一目で確認できるようにしておきましょう。短期的な予定と長期的な予定、この二つの時間軸を把握しながら優先順位を決めて学習計画を立てていくのです。


ひとつの視点だけでは盲点ができてしまいますが、複数の視点を持つことでそれを防ぐことができます。まずはカレンダーや手帳などを上手に活用して、整理整頓を進めていきましょう。さらに指導経験豊富な先生に確認してもらうことで、見落としている部分や必要な課題を追加していくこともできるので効果的です。残り時間が少なくなればなるほど、大きな変更は難しくなりますが、今の時期ならばまだ大丈夫。どんどん相談して、整理整頓の方法を覚えていきましょう。

今の時期にこの習慣を身に付けておくと、秋から入試直前までのスケジュール管理が楽になってきます。大学入試は高校入試と異なり、自分自身で入試の日程を管理していく必要があります。早めに身につけておきたいスキルのひとつです。


六月を順調に乗り越えれば、いよいよ来月は勝負の夏。
充実した時間を過ごせるように、あせらずたゆまず、がんばっていこう。

応援していますよ!