受験生へ4月のアドバイス「努力 我力 合格力」

努力が、すぐに結果につながるわけではない。うまくいかないのを、まわりのせいにしたくなることもある。目の前の課題から、逃げたくなる時だってある。

でも、あの大学に合格した先輩達は逃げなかった。自分の足で「最後まで歩くこと」を止めなかった。

もうダメかもしれない。
ここが自分の限界かもしれない。
そもそも、自分には無理だったのではないか?

そう弱気になる自分を奮い立たせ、今の自分にできる精一杯を積み重ねてきた。できないことを、できるようになるまで、何度も何度も同じ課題を繰り返してきた。そして次々に表れてくる課題を、順番に丁寧に乗り越えてきた


水泳の本を読んでも、すぐに泳げるようにならないように「情報」が「能力」になるには、しかるべき演習量と時間が必要になる。入試までの限られた時間を最大限に活用していく工夫も大切になる。どうせ挑戦するなら「最高の努力」を積み重ねていこう。周りではなく「自分自身」に向き合い、乗り越えていこう。入試本番で使える「本物の合格力」を育てていこう。そう。合格した先輩達は、みんなそれを乗り越えてきたのだから。

あこがれの大学を、あこがれのままで終わらせない。

そして次は、今、この文章を読んでいる「あなた」の番です。