受験生へ今月の学習アドバイス「受験勉強を始めて、不安になった時のヒント」

今から、大きなパズルを組み立てるとします。 だいたい、両手を広げたくらいの大きさ。今までにあなたが挑戦したことがないサイズのパズルです。

多くの人が、まず最初に枠を組み立てるでしょう。そして、完成図を見ながら、大まかにパーツを別け、その中でわかりそうな部分から組み立てていくでしょう。

パーツひとつひとつは細かいですから、それだけを見ても、何を表しているかわかりません。ところが、コツコツと組み立て完成してみると「ああ、これは、目の部分だったんだ」とか「確かに、ここの身体の模様だなあ」と、わかるようになります。

受験勉強も、これに似ています。
まず「枠組み= 全体像」を把握します。そして「大まかなパーツ =課題」に分けて問題点を整理します。そこからは「部分」をコツコツと組み立てていきます。

時々、遠くから眺めたり、完成図を見てモチベーションを上げたりしながら、小さなパーツを試行錯誤しながら組み上げていくと、いつか必ず完成する時がやってきます。作業の途中では「不安」な時間も完成してみると「ああ、これはそういう意味だったんだ」と、本当の意味がわかってくるものです。まずは完成図という名の「第一志望校」を、しっかりと見つめましょう。そして、正確な枠組み(学習計画)を作り、そこに埋めていくパーツ(情報収集と課題)を準備していくのです。

全体を組み立ててみて、部分の意味がわかってくる。

大きな目標を達成する時には、この考え方が大切になってきます。三月のうちに、しっかりと取り組んでみてください。今の時期に始めたことが、夏以降の飛躍につながっていくからです。

大学入試の専門家 仙台EG式プロ家庭教師 佐藤 (2016.3更新)