合格するために、夏休みにやっておきたいこと。(合格した先輩のコメント)

夏休みの前に「志望動機」を再確認する理由


だれでも「悔いのない充実した時間」を過ごしたいもの。特に受験生にとっては「最後の夏休み」ですから、正しく学習計画を立てしっかりと課題をこなしていきたいものです。

EG式では会員生を対象に、7月に「個別学習相談」を行ってきました。学習相談では、現在の学力を客観的に分析して夏休みの学習計画を作成することが目的のひとつなのですが、さらにもうひとつ「志望動機を再確認する」ことも行っています。

長い受験勉強の間にはモチベーションが下がってしまい、どんなにがんばっても踏ん張りが利かない時期があるものです。それでも時間は過ぎてしまいますから、なんとか気力を立て直して挑戦していかなければいけません。そのような時に有効になってくるのが「なぜ自分は、ここの大学(志望校)を目指すのか?」再確認することだからです。

私たち人間は「迷ったり、余計なことを考えたりすること」で、たくさんのエネルギーを浪費してしまっているそうです。時間もエネルギーも無駄にできない受験生にとって、志望校(目標)が定まらずに、余計なことを考えてしまうことは大きな損失になってしまうのです。逆に言えば、目標が固まりそれを目指して集中することができるのなら、それだけで様々なことがスムーズに無駄なく回り始めていくというわけです。

春に立てた目標を、もう一度確認してみると、自分でも忘れてしまっていた気持ちが蘇ってくるでしょう。そこでオープンキャンパスや学習相談会などを活用しながら、実際に学校を見てみることなどで目標達成へのエネルギーを充電していきましょう。すでに合格した先輩達のアドバイスを聞いてみたり、受験生の指導経験が豊富な先生に今まで担当した受験生の様子を聞かせてもらうことも有効です。人間は「理屈」だけでは動きません。「感情」も上手にコントロールして、迷いなく確実に課題に取り組んでいきたいものですね。



志望大学へ合格した先輩から、高校生のみなさんへ 


それではここで、EG式から第一志望校へ合格した先輩達からのコメントの一部を紹介します。


後輩のみんなへ(T先輩より 一部抜粋) 勉強は大変ですが、その分学校は本当に自由で楽しいです。(中略)高校の勉強は全部、中学の勉強が基礎になっているから、なるべく苦手な分野がないほうが高校の勉強を楽に攻略できると思います。受験勉強は大変だけど、自分が行きたかった高校に受かったら、頑張った分だけ嬉しいし、その高校で勉強するほうがモチベーションもあがるから、頑張って‼ 

後輩のみんなへ(N先輩より 一部抜粋) 夏休みの中間地点で中だるみになりがちで、学校の友達とも交流が少ないのでそのままだらだらと進みそうになりました。(中略)僕の場合は、学校の補習の前後にも教室で自習をしたり息抜きに友達と話しをしたりして刺激を作りながら勉強しました。佐藤先生に「モチベーションを上げる方法を考えておくのも大切」とアドバイスをもらったのですが、同じような大学を目指す友達の存在が僕の場合はとても力になりました。

※他にも、EG式の公式ホームページでは「合格した先輩達」の合格体験記や受験対策レポートを公開しています。もっと読んでみたい人は、今すぐホームページへ。


大学入試対策の専門家 EG式プロ家庭教師コース








関連:夏から受験対策を見直して、東北学院大学へ合格したT先輩