春の受験生応援コラム(3)「相談できる友達を大切に」仙台EG式プロ家庭教師


春の受験生応援コラム(3)「相談できる友達を大切に」



ここまで説明した2つの作業をクリアした段階で、1週間前の自分とは少し違っているような印象受けるはずです。今はそうやって、小さな変化や体験を積み上げていく実感をすることが大切です。あせることはありません。未来への種まきだと考え、少しずつでも丁寧に実行していきましょう。

3つ目「相談できる相手と環境」を探してみよう。


基本的に受験勉強は、孤独な時間の積み重ねです。誰かと話をしたりしながら、問題を解いたりすることはできません。一人で淡々と課題と向き合って何時間も地道な時間を積み重ねていかなければならないのです。


だからといって、常に孤独でなければいけない訳ではありません。一年間の受験勉強の中では、目標に向かって一緒に歩いていく仲間の存在が欲しいものです。自分の考えや迷ってることを聞いてもらう。また自分も相手の話を聞いて一緒に考える。そんなちょっとした時間が、お互いを成長させ目の前の課題を乗り越えていくモチベーションの原動力にもなるからです。


もちろん同じ大学を志望している友人だけではなく、全く違う方向に進もうとしている友人でも関係ありません。自分の目標に向かって挑戦を続けている仲間がいる。という事が大切なのです。

身近な仲間や、相談できる環境を大切に。

私たちは、合格した先輩たちに「合格体験レポート」を書いて貰っているのですが、その中でも友達の存在がとても大きかった」と書いている生徒が少なくありません。

三年生は受験生なのだから友人など関係ない、と割り切った考え方をする人も出てくるかもしれませんが、まずは身近なクラスメイトや友人を大切に、気軽に情報交換できるように相談できるような話ができるような時間も大切にして欲しいと思います。

資料請求をした生徒限定ですが、あなたの志望校に合わせ、先輩たちの手書きの応援メッセージを資料に同封して送付しています。こちらもモチベーションアップに活用してみてください。➤資料請求(無料)


時間を味方につける。早めの相談で確実なスタートを。


さらにもうひとつ付け加えますと、おとなしいタイプの生徒は進路指導の先生に相談をすることを遠慮して、夏休み直前になってようやく相談に行くことも少なくありません。「鉄は熱いうちに打て」といいますが、相談するのは早いに越したことはありません。時間があるうちは変更や調整にも余裕が生まれますが、後になればなるほど焦りで慌ててしまい、余計なプレッシャーも感じてしまいます。

私たちEG式では、少し早めの3月上旬に受験生全員と個別カウンセリングを行い現在の状況をチェックするのですが「私はいつも始めるのが遅いので、早めに先生に話を聞いていただけたことが、だいぶ力になりました。(受講生 Kさん)」と、カウンセリングの後に元気なメッセージが届きます。「いつもよりも少し早めの行動」が、大きな余裕になっていくのです。

みなさんも早めに相談をして、今の状況をチェックしてもらうことも大切な受験勉強のひとつです。進路について迷っている生徒は、信頼できる先生を見つけて相談してみましょう。小さな行動の積み重ねが、大きな結果につながっていくのですから。(以上 春の受験生応援コラム終わり)





※以上「佐藤先生のセミナーより一部抜粋。文字起こし&文責 EG式プロ家庭教師編集部 本文の無断転載を禁止します。copyrights 仙台EG式プロ家庭教師 2019 allrights reserved.」




EG式のホームページでは「合格体験記」や「受験生応援コラム」など、様々な記事で受験生に役立つ情報を提供していきます。じっくりと読んで、あなたの受験勉強に活用してください。


[合格した先輩たちの受験レポート]


受験生応援コラム(随時更新中)


EG式が大学入試に強い5つの理由



生徒募集について


資料請求(無料)(公式)仙台EG式プロ家庭教師